不妊を救う卵子ドナーと卵子提供

注目される代理出産

タイミング療法やホルモン療法、人工受精などの一般不妊治療で妊娠する可能性が低いと判断された場合には、体外受精や顕微鏡受精、凍結胚移植など高度生殖医療を選択するのが一般的です。ですが、高度生殖医療を用いた不妊治療を長く続けても妊娠することができず、子供を持つことができないという不妊に悩む夫婦やカップルは多く存在します。中には、生殖機能の障害などによって妊娠や出産を出来ない女性も存在します。不妊の原因と言っても様々なものがあり、その原因に合わせた治療を行う必要があるのですが、妊娠をすることが出来ない、出産をすることが出来ないといった女性にはどのような治療があるのでしょうか。

不妊治療の最後の砦となる代理出産

妊娠をすることができない、出産をすることができない場合には代理出産を選択することになるでしょう。代理出産とは、名前の通り妊娠や出産ができない女性が、妊娠や出産をすることができる女性に妊娠から出産までを依頼するものであり、海外などではセレブの間でも代理出産をする女性が増えています。

代理出産には、自分の卵子を使用する場合と匿名の第三者から提供された卵子を使用する場合があります。精子はパートナーの精子を使用することがほとんどなので、夫婦の遺伝子を全く受け継いでない子供が生まれるということは少ないのですが、不妊に悩む夫婦やカップルの女性の卵子が使用できない場合は代理母、代理出産となります。

日本国内では代理出産をすることはできるのか?

日本国内では、代理出産は医学的な問題や倫理的な問題から法律によって禁止されています。卵子提供でさえ、卵子提供を受けることができる条件や卵子ドナーになることができる条件などのハードルが高いので、日本国内では事実上認められていないと解釈されています。そういった状況での代理出産となれば、禁止されていると言われても不思議ではありませんね。

ですが、海外には代理出産に関する法律や制度、医療機関や医療技術などが整っている国が多く存在しており、その先駆けとなったのがアメリカです。日本人の夫婦でも海外に渡航することで代理出産プログラムを受けることができ、子供を持つことができるようになっています。日本国内には、海外での代理出産をサポートするエージェントが存在するので、依頼することで渡航手続や代理母の選定、医療機関や医師の選定などのサポートを依頼することができます。

海外で代理出産によって子供を持った場合は、帰国して生まれた子供と特別養子縁組の手続を取ることで戸籍上でも親子となることができます。

【関連記事】ハワイの卵子提供クリニック

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

卵子提供サポート.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。