不妊を救う卵子ドナーと卵子提供

妊娠しやすくなる食べ物や生活習慣

自然に妊娠する確率は20代の女性であれば25%から30%程度、30代の女性で15%程度、40歳になると5%、45歳になると1%といわれるほど、女性は年齢を重ねれば重ねるほど妊娠する確率が下がる傾向にあります。女性には妊娠をしやすい時期というのが限られていることがわかります。そういったことが一般的になりつつあるとともに、巷では妊娠に関する食生活や生活習慣などが話題になってきました。こういった話題が注目されるようになったのは、テレビや雑誌などで妊娠しやすい身体つくりをするための妊活などが話題になったからで、芸能人が妊活をしているという話題もよく聞くようになったのではないでしょうか。

妊娠と食生活

バランスの悪い食生活を続けることで、妊娠しにくい身体になってしまうと言われています。これは偏った食生活を続けることで月経不順や冷え性など妊娠を妨げる原因になることがあり、普段の食生活からバランスのとれたメニューなどを意識する必要があります。またコーヒーなどのカフェインが多く含まれる飲料やアルコールを過度に摂取したり、長期で摂取することで妊娠しにくくなると考えられています。

逆に妊娠しやすくなる食べ物として挙げられるのが大豆やざくろです。これらの食べ物にはコエンザイムQ10やイソフラボンなどが豊富に含まれており、抗酸化作用があるので身体の老化を防ぐことに繋がり妊娠に確率を上げることができると言われています。またイソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があるので、ホルモンバランスを整える効果があります。またルイボスティーには、卵子の質をよくする効果があると言われており、これはルイボスティーに亜鉛やカルシウム、鉄分などが豊富に含まれていることが理由になっています。

生活習慣を妊活

妊娠をしやすい身体作りを行う上で重要になるのが、冷えない身体を作ることと良質な睡眠とお風呂に入ることでホルモンバランスを整えることです。今すぐにでも取り組むことができるものばかりですが、忙しい毎日の中で身体を労わることを忘れてしまいホルモンバランスが崩れ、身体が冷えることで妊娠しにくい身体になってしまっている女性も少なくありません。また、喫煙の習慣は卵子の質を悪化させることにつながります。妊娠した後も喫煙を続けることでお腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼすので、妊活をする以上を喫煙をやめることが大切です。

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

卵子提供サポート.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。