不妊を救う卵子ドナーと卵子提供

悩む夫婦が多い二人目不妊

不妊治療によって生まれている子供の数は年々増加しており、不妊に悩むカップルや夫婦がそれだけ多いということになります。これに伴って、不妊治療を専門で行う医療機関や不妊治療の知識や技術を持った医師が増えているのも事実です。

不妊は検査によって女性に原因がある場合、男性に原因がある場合、両方に原因がある場合があり、中には検査をしても原因が見つからずに原因不明となることもあります。この結果によって不妊治療の治療方針を決定するのですが、これはまだ子供の以内夫婦が行うことが多く、不妊に悩む人たちの中に隠れて存在するのが二人目不妊と呼ばれるものです。

二人目不妊とは

二人目不妊とは一人目は自然な形で妊娠したのにも関わらず、二人目を希望して避妊をしない性交を続けているのに妊娠に至らないというもので、一人目の時は何の悩みもなく妊娠することが出来たのに、二人目はなぜ?と悩む夫婦やカップルのことを言います。二人目も一人目の時と同じように自然に妊娠するだろうと思っていたのに、なかなか妊娠することが出来ずに周囲の心ない言葉や期待によって傷ついている女性も少なくありません。

二人目不妊の原因と治療

二人目不妊の原因として挙げられるのは

●一人目の時に多量の出血があったことから子宮内の環境が正常ではなくなってしまっている場合
●感染症にかかっていることによって子宮内の環境が悪くなるのはもちろんのこと着床の確率が下がってしまったり、排卵障害を起こしている場合
●一人目を妊娠し出産した時に比べると年齢を重ねている場合
●一人目の時には気づくことはなかったが元々不妊の因子を持っていた場合
●生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れている場合

などがあります。

一人目、二人目と年月を重ねるごとに女性の身体は妊娠の確率が下がっていくことから、二人目がなかなか妊娠しにくいと感じた場合には早めに不妊治療を専門とする医療機関を受診することをおすすめします。二人目を妊娠しないことからストレスを感じることもあるのですが、ストレスは卵子にも精子にも悪影響を及ぼしてしまい、妊娠するものもしなくなってしまう可能性があります。ですので、普段からストレスを溜め込まずにリラックスした状態を維持するようにしましょう。

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

卵子提供サポート.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。