不妊を救う卵子ドナーと卵子提供

卵子提供と代理出産にかかる費用

体外受精や顕微鏡受精など高度生殖医療でも妊娠に至ることがなく、子供を持つことを諦めなければならない女性にとって、卵子提供や代理出産というものはとても魅力的に感じるのではないでしょうか。卵子提供や代理出産は、不妊に悩む夫婦やカップルの最終手段とも言えるべきものとなっています。

ですが日本国内では卵子提供を受けるためには条件が厳しすぎることから、事実上受けることは出来ません。代理出産は、倫理的な問題や医学的な問題から法律で禁止されてしまっているのです。

ですから卵子提供や代理出産を望む日本人夫婦やカップルは、海外に渡航してプログラムを受けることになります。言葉の問題や個人では、海外で医療機関を選定するのが難しいことから不安を感じる人も多いのですが、日本国内には海外で卵子提供や代理出産を望む夫婦やカップルをサポートするエージェントが存在するので依頼することができます。では卵子提供は代理出産を海外で行う場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

卵子提供の費用

卵子提供を海外で受ける場合、その渡航先となるのはアメリカや東南アジアが主流となっています。アメリカで卵子提供を受ける場合は一回辺り500万円ほど、タイなどの東南アジアでは一回辺り200万円ほどとなっており、台湾では100万円と切ると言われています。東南アジアや台湾などで卵子提供を受ける費用は、体外受精や顕微鏡受精を複数回受ける金額と変わらないことから、最近では日本人夫婦の渡航先もアメリカではなく東南アジアや台湾などにシフトしています。

代理出産の費用

アメリカでは年間約2000人の赤ちゃんが代理出産によって生まれていると言われており、日本からもアメリカは代理出産を行う渡航先として主流でした。ですが、アメリカで代理出産を依頼する場合には2000万円以上の高額な費用がかかると言われており、最近では600万円ほどで依頼することができる東南アジアが渡航先として主流になっています。タイも主流でしたが、2015年以降はタイ国籍の法的婚姻関係にあたる夫婦以外の代理出産が禁止されたことで、現在ではタイ以外の東南アジアの国となっています。

卵子提供や代理出産にかかる費用を見て高額すぎる、そんなにかかるの?と思う人もいるでしょう。ですが体外受精や顕微鏡受精など不妊治療を長く続ければ続けるほど経済的な負担は避けられないものとなり、何度も失敗し終わりの見えない不妊治療に疲れ切ってしまうこともあることから、最後の望みをかけて高額な費用をかけてもいいという人たちも少なくはないのです。

【関連記事】卵子提供プログラムの費用

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

卵子提供サポート.net

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。